アシックス エボ ライド。 EVORIDE(エボライド)/asicsの商品情報・リアルな口コミ・レビュー

ランナーの足運びの変化をリアルタイムでフィードバックするスマートシューズ「EVORIDE ORPHE」 クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行予約販売スタート

エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス

そして、靴底。 シューズのすり減り方はこちら この時点で少しソールにへたりがみられてきました。 実際に履いたランナーからは 「グライドライドは足が自然に前へ出るように感じる」という声や、 「グライドライドは厚さがあるのに、重さをあまり感じない」という感想、 「反発が強い」という印象を受けたランナーもいました。

3
次に、アッパー。 全体的に硬いパーツが多い「METARIDE」とは異なり、エボライドはアッパーやソールがしなやか。

Makuake|ランナーの目標達成を。アシックスのスマートシューズ EVORIDE ORPHE|マクアケ

エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス

ソールの柔らかさは手で触るだけでもわかり、メタライドとの大きな違いと言えます。 それが軽量化につながり、さらにパーツ点数も減っているのでこの低価格を実現しているというわけです。

10
足を入れてみるとつま先上がりの構造のためか爪の上側には余裕があり、同じサイズでも他のアシックスのシューズと比べて足長的にも大きい方だと思います。

アシックスも本気モード「Evoride(エボライド)」

エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス

私自身ズームフライが合わなかったのだが、 エボライドの反発はすごく心地よかった。

5cmで226g(実測値)でした。

EVORIDE(エボライド)の評価レビュー:すべてのランシューを過去にする超新星なasicsの厚底ウサギ跳び靴。

エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス

このシューズで坂練習すれば、やがては他のシューズでも同様な走法ができるようになるのではないか?と私は考えた。 ・重量は25. ソールが際立つようなインパクトは無いが、ガイドソールの機能がこれまでのアシックスシューズの特性と見事に融合し、 「ラクに、長く」着実に走る 事が出来るようになった。 サイズ感はどうですか? 通常は25. これまで業界として 『いかに速く走るランナーをサポートするか』に重きが置かれる風潮がありましたが(もちろん今もそれは変わりませんが)、そんな中でも『長く走れるようにランナーをサポートする』というコンセプトを打ち出しました。

16
初心者にもおすすめアシックス「RIDEシリーズ」のシューズ ここまで、アシックス『RIDEシリーズ』に詰まったテクノロジーや開発の経緯をご紹介してきましたが、ここからはどのようなモデルが展開されているかご紹介していきます。

EVORIDE(エボライド)の評価レビュー:すべてのランシューを過去にする超新星なasicsの厚底ウサギ跳び靴。

エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス

ただ、アディゼロジャパンの方が若干有利じゃないかな?と私は考えている。 ある程度スピードが出てくると思ったよりシューズに走らされている感じは少なくなり自分の力で蹴り出して速くなっているような感覚が味わえました。 [7] IGS アイ・ジー・エス IMPACT GUYDANCE SYSTEMの略。

11
このシリーズのランニングシューズは、アウトソールの前側にGUIDESOLE(ガイドソール)と呼ばれるカーブを設けています。

ランナーの足運びの変化をリアルタイムでフィードバックするスマートシューズ「EVORIDE ORPHE」 クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行予約販売スタート

エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス

練習でガンガン使えるシューズ。 と言いつつ、 足の形は人それぞれなので、 気になった方は まずは店頭で試し履きしてみることを オススメします! では!. 靴紐を締めた際のホールド感は良好! 実際に走ってみて 早速ジョギングで使用してみました。 しかし、 ソールはまだまだヘタっておらず、改めて耐久性を感じました。

19
これによりグリップ性が上がり、蹴り出しで足が引っかかりやすい上、 耐久性が向上していて、長い間愛用できるシューズになっていることがわかります。 足の形に寄り添ってくれます。

EVORIDE(エボライド)/asicsの商品情報・リアルな口コミ・レビュー

エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス

そのペースで走っている時感じる反発は完全に互角である。 蹴り出しに加え重心移動でも前に進める新感覚なランニングアイテムである。 エボライドのアウトソールのゴムは前足部はソフト な材質で、着地や蹴り出しはソフトな感じに走れそう。

反発力、及び反発の俊敏性(応答性)で言えばライトレーサーの方が優れていると言って間違いないだろう。 なのでサブスリーするならアディゼロジャパンがいいと私は思った。

アシックス EvoRide(エボライド)届きました

エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス エボ ライド アシックス

ソールに独特の穴が空いているのが特徴です。 一方でエボライドは FLYTE FOAM PROPELのワンピース構造となっており、サポート機能を削ることで軽量化しています。

16
でも、それを最初からわかっていればケガは回避できます。 この走行効率の良さがレース終盤でどのように効いてくるのか?ワクワクさせてくれるシューズです。