サブ ノ ジュニア。 サブノジュニア『NARグランプリ2020』年度代表馬など三冠に輝く「これまで我慢…感無量」

大井サブノジュニア、今度こそ中央突破だ/根岸S|極ウマ・プレミアム

ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ

堀千師は大金星を振り返り「今までで一番スムーズというか、集中して走れた」と話す。 どうしても競馬に落馬は付き物ですが、そんな先輩騎手に大怪我を負わせてしまったこともあって、矢野騎手もかなり悩んでいた時期があったようです」(競馬記者). 内からヒロシゲゴールド、外からノブワイルドなどが抵抗したため、レースは戦前の予想通りのハイペースとなった。

初JpnI出走となったは8番人気の低評価を覆し、中団追走から直線で馬群を割って伸び、地方勢では3頭目となるJBCスプリント制覇となった。 この斤量を背負うということは実績馬なのですが、やはり行き脚がつきにくいというのは致命傷なのかもしれませんね」(競馬記者) 過去30年、ダート1200m戦に59キロを背負って出走した馬は14頭いるが、2着が最高。

競走馬詳細データ

ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ

「NARグランプリ2020」で昨年の地方競馬の年度代表馬に選ばれたサブノジュニア(牡7、大井・堀千)が、根岸S(G3、ダート1400メートル、31日=東京)で今年初戦を迎える。

その後、休養に入る。

大井サブノジュニア、今度こそ中央突破だ/根岸S|極ウマ・プレミアム

ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ

前哨戦の東京盃(G2)で5着に敗れていたこともあって、この日は8番人気の伏兵扱いだったが、「あそこまで突き抜けるとは……」と本人もサブノジュニアの末脚に驚きを隠せない様子だった。 以前は出なかった時計が調教で出るようになり、相乗効果で素質が開花した。 年度代表馬には交流GI・JBCスプリントを制したサブノジュニアが選ばれた 地方競馬全国協会は13日、『NARグランプリ2020』の表彰馬、表彰者を発表した。

5
初JpnI出走となったは8番人気の低評価を覆し、中団追走から直線で馬群を割って伸び、地方勢では3頭目となるJBCスプリント制覇となった。 これにはダート短距離戦における斤量の重要性が関係している。

サブノジュニアとは

ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ

7歳(2021年) [編集 ] 前走と同じく、中央の重賞、に出走、矢野の負傷によりが騎乗し、9着となる。 経歴 [編集 ] 2歳(2016年) [編集 ] 母、祖母ともに大井でデビューした大井ゆかりの血統で、本馬も大井競馬小林分場の堀千亜樹厩舎所属として9月20日の新馬戦にの鞍上でデビューし2着。 矢野貴之騎手は「充実期を迎えている。

18
11戦5勝でシーズンを終えた。 5歳(2019年) [編集 ] 7月31日ので復帰、5着に入ると、、マイルグランプリトライアルをそれぞれ3着、2着に入る。

サブノジュニアの血統表

ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ

トレーナーは「だいぶ折り合いがつくようになったけど、ペースが遅いと折り合いを欠いていた。 中央初参戦の前走カペラSは8着に敗れたが、直線の長い府中替わりで本領だ。 精神的な強さが非常に目立っていると思います」と本格化を示唆。

20
その中でも、注目したいのが地方から参戦する サブノジュニア(牡6歳、大井・堀千亜樹厩舎)だ。 TCK所属馬によるNARグランプリ年度代表馬受賞は、2016年のソルテ号以来、4年振りの快挙となります。

競走馬詳細データ

ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ

過去に『競馬ラボ』で対談を行ったこともある間柄でしたし、高崎から南関東に移籍して苦戦していた矢野騎手に戸崎騎手がアドバイスして、それが飛躍の大きなきっかけになったとか。 年度代表馬の称号を得た地方の雄が再び中央の舞台に挑む。 受賞馬、受賞者は次の通り。

4
6歳(2020年) [ ] 年明け初戦の準重賞・ウインタースプリントを勝利し、連勝を飾るとは1番人気に支持されるが4着。 Prospector系 1991 鹿毛 [][] 1985 栗毛 [][] 1970 鹿毛 1976 栗毛 1979 鹿毛 [][] 1973 鹿毛 1960 鹿毛 1989 黒鹿毛 [][] 1975 黒鹿毛 [][] 1967 鹿毛 1967 黒鹿毛 1974 黒鹿毛 [][] 1962 黒鹿毛 1957 黒鹿毛 2005 青鹿毛 [][] FNo. 速ければ1400メートルも持つと思う。

サブノジュニア『NARグランプリ2020』年度代表馬など三冠に輝く「これまで我慢…感無量」

ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ

3日、大井競馬場で行われた JBCスプリント(G1)は、8番人気の サブノジュニア(牡6歳、大井・堀千亜樹厩舎)が優勝。

同レースではマテラスカイ、モズスーパーフレアといった中央の強豪を鋭い末脚で差し切った。

サブノジュニア『NARグランプリ2020』年度代表馬など三冠に輝く「これまで我慢…感無量」

ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ

表彰者部門では、サブノジュニア号、サルサディオーネ号を管理し、ダートグレード競走3勝を挙げた調教師が殊勲調教師賞、2頭の主戦騎手を務める騎手が殊勲騎手賞をともに初受賞いたしました。

5
3歳(2017年) [ ] 1月の年明け初戦を3着の後、5月の優駿スプリントトライアルまで1200m戦を4連勝。

JRA「13年ぶり」大挑戦。カペラS(G3)「地方の大物」参戦も絶望的なデータ……。克服したオメガパフュームとの大きな違いとは

ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ ジュニア サブ ノ

その後は上位人気に支持されるも、3着、8着、2着と勝ちきることができず、デビュー5戦目となった12月31日の条件戦でを鞍上に初めて逃げる競馬で初勝利を挙げた。 以降は主戦が的場からに替わり5戦して1勝。

15
「ダート重賞で59キロを背負った馬が活躍することは珍しくありません。 7歳(2021年) [ ] 前走と同じく、中央の重賞、に出走、矢野の負傷によりが騎乗し、9着となる。