璧 を 趙 に 帰さ しむ 現代 語 訳。 十八史略・巻七北宋:徽宗(15)

「性善説」の由来となった物語 【意味・現代語訳・年表・歴史地図】

訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を 訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を 訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を

昔者 むかし 堯 天下を有 たも つ、土簋 どき に飯し、土鉶 どけい に飲み、其の地、南 交趾に至り、北 幽都に至り、東西 日月の出入りする所の者に至るまで、賓服 ひんぷく せざる莫し。 秦王大喜、伝以示美人及左右。

この鞭で気の済むまでこの箕をお打ちあれ。

完璧(完璧帰趙)(史記):意味・原文・書き下し文・注釈

訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を 訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を 訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を

王曰はく、 「吾が璧を取りて、我に城を不へずんば、奈何(いかん)せん。 今臣至るに、大王臣を列観に見て、礼節甚だ倨(おご)る。 之を辟(たと)うるに是れ猶處女をして寶珠を嬰(か)け、寶玉を佩(お)び、黃金を負戴して、中山(ちゅうざん)の盜に遇わしむるがごとし。

18
師涓曰く、諾、と。

「性善説」の由来となった物語 【意味・現代語訳・年表・歴史地図】

訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を 訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を 訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を

燕・燕京:現在の北京一帯を指す。 有星如月。

8
楚人和氏得玉璞楚山中、奉而獻之厲王、厲王使玉人相之、玉人曰、「石也。 相如が璧を奪い取り柱の側で睨みつけ、秦王とその左右を一喝した時、その先には誅殺があった。

漢文の「完璧帰趙」の訳を教えて下さい。

訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を 訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を 訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を

先づ此の声を聞く者は、其の国必ず削らる。

2
人、之を知る莫 な きなり、と。 珍しい音楽があります。

◆「和氏之璧」、歴代楚王に玉の原石を二度献上し二回足切刑を受けた和氏の三度目は?…韓非子・和氏 第十三、新序・雑事五◆: IKAEBITAKOSUIKA

訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を 訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を 訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を

十は、国が弱小であるのに無礼で諫言に耳を貸さないのは、己の世を絶ってしまう原因である。 趙王悉(ことごと)く群臣を召し議せしむ。 小利を愛して其の害を慮らざればなり。

10
私は重耳を輔けて晋に入れようと思うが、どうであろうか、と。 人の本性に善不善の区別がないのは、水が東西を区別せず流れるようなものである」。

史記 「完璧帰趙」 現代語訳

訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を 訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を 訳 しむ 璧 現代 語 に 帰さ 趙 を

よろしい、と。 その利益とは、安全保障上の利益であることは容易に理解できる。

しかし、その影は、武帝に 微笑 ( ほほえ ) みかけることもなく、声をかけようともせず、たちなちに消えてしまったのである。